本題に入る前に。。
前回のブログでメキシコの独立記念日を9月15日と書きましたが
9月16日の間違いでした。
ここに悪しからず、訂正致します。
メキシコにとっては大切な日ですからね。

はい、本題。
今日はアナハイムにあるディズニーランドでーす。

日本でも10年くらい行ってないディズニーランド。
もちろんディズニーシーなんて見たこともありません。
やっぱりディズニーランドは夢の国。
テンション上がりまくります。

ここは全体がディズニーランド・リゾートとされていて
その中に、ディズニーランド・パーク
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー
ダウンタウン・ディズニー、ディズニーランド・ホテル
が全部入っています。

ディズニーランド・パークは東京DLとほぼ同じおなじみのパーク。
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーは絶叫マシーン系がある遊園地といったかんじ。
ダウンタウン・ディズニーはレストランやお店が軒を連ねていて
ここは入場券がなくても入ることができます。

私たちはパークもアドベンチャーも両方行きたかったので
両方行ける1デイ・パークホッパー・パスを購入するつもりでしたが
チケット売り場のおばちゃんに
「パークは広いから一日で両方回るのは大変よー」
と言われたので、まずはアドベンチャーの方のチケットを購入。
パークにも行きたければ後でプラス$25払えばパークホッパー・パス
に変えてくれます。結局両方行ったけどね。

チケットを買って、いざ夢の国へ!
IMG_5130_convert_20100926075414.jpg

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに入場して
いきなり乗った絶叫マシーン「カリフォルニア・スクリーミン」
その名のとおり、叫びっぱなし。。
これ乗ってる間、音楽もかかるのでさらにスピード感あります。
IMG_5276_convert_20100924021952.jpg
や~め~て~
IMG_5133_convert_20100926075603.jpg

360度回転しながら激流を下る「グリズリー・リバー・ラン」
Tシャツもパンツも靴もびしょ濡れになります。
この写真の男の子が最初の餌食、ガタガタ震えてました。
IMG_5277_convert_20100924022330.jpg

この観覧車、普通のゆるーい観覧車とちと違います。
IMG_5132_convert_20100926075523.jpg

私の一番のおすすめ「ソリアン・オーバー・カリフォルニア」
グライダーに乗ってカリフォルニアの名所上空を旅する体感もの。
カリフォルニアの美しさに感動します。また乗りたい。
IMG_5281_convert_20100924022408.jpg

「ディズニーランドぉ。。」
とあまり楽しみにしていなかった旦那さま。
このディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーの存在を
知らなかったらしい。結局、私より楽しんでた気が。。

アドベンチャーはひととおり堪能したのでパークへ移動。

東京ディズニーランドとほぼ一緒です。
IMG_5290_convert_20100924022111.jpg

IMG_5291_convert_20100924022453.jpg

東京DLにもフィッシュ・アンド・チップスはあるのかな。
これ、うまかったです!
IMG_5292_convert_20100924022641.jpg

夜7時からパレードが始まりました。
たまたまアイス食べながら座ってた場所が
パレードのメインストリートだった。
IMG_5304_convert_20100924031023.jpg

こちらのダンサーのおねえさん(?)たちは
意外とお歳をめしていらっしゃる感が。。
IMG_5317_convert_20100924031106.jpg

IMG_5186_convert_20100926075640.jpg


今回行った日は夏休みも終わった9月半ばの月曜日。
なので花火やエレクトリカルパレードはありませんが
すいてましたねー。パークもアドベンチャーも両方余裕で回れました。
人気アトラクションもほとんど時間待ちなしで
ファストパスも一度も使わず。
こんなディズニーランドなら何度でも来たいわ。
なんでディズニーランドってなんど来ても楽しいんだろ。
やるな、ウォルト・ディズニー。


この翌日はアウトレットのはしごをしました。
タフですね私たち。

今回はレンタカーを借りての旅でしたが
メキシコと違って道は広いわ、マナーはいいわ。
おなじ渋滞にしても品があるしね。
運転しやすーい!と旦那さまも言ってました。
この余裕、メキシコ人にも見習ってほしいものです。


はい次回はお待ちかね
LAごはん編でございます。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。