クリスマスといえば、ターキー。
スペイン語ではPAVO(パボ)。
我が家もターキーを焼いてみました。


クリスマス時期のお店にはターキーがこんな状態で沢山売られてます。
IMG_5866_convert_20101227235831.jpg
↑これ7k。ふたりでどーやって食べるかね・・・

はだかのターキー。文字どおり「鳥肌」
IMG_5868_convert_20101227235927.jpg

バックショット。
IMG_5869_convert_20101228000708.jpg
↑ここから詰め物を入れるらしいですが気持ち悪いので省略。

塩、コショウ、ハーブ等をゴシゴシすり込んでオリーブオイルを塗って半日放置。
IMG_5870_convert_20101228000744.jpg
もう、料理というより「作業」

オーブンへ投入。
IMG_5871_convert_20101228000848.jpg
最初はアルミホイルをかけて蒸し焼き⇒1時間くらい経ったらホイルを外してひたすら焼く。
表面が乾かないように時々脂を塗りながら200度くらいで3時間くらい焼いたかな・・・
デカイのでやたら時間だけかかりました。

やっと出来たわ(汗)
IMG_5874_convert_20101228000931.jpg
クリスマスっぽいね。


昔、ホームステイ先で食べたターキーはパサパサでサワークリームやグレービーソースをかけないと食べられないようなシロモノでしたが今回はしっとりジューシーなターキーに焼きあがりました。しかし脂はすんごい出ます。
旦那さまが「うめー!」と絶賛してくれたので苦労した甲斐がありました。


ターキー独特の臭みとハーブの香りが合体して家中が妙な臭いに包まれました。
来年はハーブはやめよ・・・
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。