あー今朝のコーヒーもおいしい。
旦那さまが出張先のチアパス州から買ってきてくれるコーヒー。
我が家の朝はこのコーヒーから始まります。


チアパスのコーヒーは酸味が少なく、しっかりした味わいで、後味がすっきりしていてとても飲みやすい。 あ~いい香り(´▽`)

cafe.jpg


メキシコの最南端に位置するチアパス州。
ここはグアテマラと国境を接する州で、コーヒー豆の産地です。
そのコーヒー豆のほとんどは国内消費ではなく、輸出されています。もちろん日本へも。

しかしチアパス州は国内で最も貧困層が多い地域で、村によっては男性の多くが出稼ぎに出てしまうという状況でもあるようです。
これは貧しい生産者のコーヒー豆が輸入業者から正当な価格で購入されていないということも原因のようです。

チアパスのコーヒー産業が衰退しないためには、多少コーヒーの価格が上がっても仕方ないのかな。とも思いますが、価格が上がったとしても、末端の貧しい生産者へ還元されることは難しいのかもしれません。


なんだか今日は真面目なはなしでした。
さて、もう一杯。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。