この日は12月25日。
クリスマスはパリの町もとても静かです。

フランスもカトリックの国ですが、パリの人たちは滅多に教会へは行かないそうです。
そんなパリジャンもクリスマスだけは教会へ出かけるそうです。
毎週日曜に教会へ出かけているメキシコ人はエラいね。


この日はセーヌ川の中州にあるシテ島を訪れました。
仏語 CITE(シテ)は 英語 CITY(シティ)のこと。
シテ島はパリの中心に位置し、3世紀ごろケルト系のパリシー族がここに住みついたことから「パリ」と名づけられたそうです。


cite_001.jpg



シテ島にはフランスカトリック界の総本山、ノートルダム寺院があります。

notredame_002.jpg


ノートルダム寺院は↑の正面の写真が多く見られますが、セーヌ川に面した↓こちらの側面もとても美しい。

notredame_01.jpg



荘厳な雰囲気の中、ミサが行われていました。
notredame_06.jpg



notredame_07.jpg



notredame_05.jpg


さすが総本山。
ミサの様子は寺院の前に設置された、パノラマスクリーンに映し出されます。
クリスマスのミサは朝から晩まで一日中行われ、その間、ゴスペルのショーなども行われます。
カトリックでもなんでもない私たちも自由に中へ入ることが出来ます。



セーヌ川から観たルーブル美術館。
seine_1.jpg



cite_02.jpg


パリはホント、どこにいても美しいわ。


いよいよ次回は最終日です。
やっとだよ・・・
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。