最近うちの近所に続々と新しいレストランがオープンしている。
それも貧乏な庶民のメキシコ人はちょっと入れないかんじのプチ高級レストラン・バー。
給仕の男性もいたりします。


まずはお約束の食前に出されるパン。
ついつい食べちゃうのよね。
casa senzo_1


前菜は牛もものカルパッチョ。
薄焼きトーストにのせていただきます。
ルッコラとパルメザンチーズとの相性バッチリです。
casa senzo_2


ミネストローネ
想像したんとちゃう~。
お皿にスープを注いでくれます。おしゃれ~。
casa senzo_3

コンソメベースでおいし~!
casa senzo_4


オリジナルサラダ
ロメインレタスがざっくりと半分にカットしてあります。斬新。
ちょっと甘めなバルサミコ酢のドレッシングでいただきます。
エビフライが付いてるのも嬉しい。
casa senzo_5


ワチナンゴの塩釜蒸し(とでも言いましょうか?)
casa senzo_7

目の前でお姉さんがきれいに骨や皮を外してくれます。
casa senzo_8

お魚が剥き身になった頃、給仕の男性も登場。
casa senzo_9

お魚フワフワしっとり。ちょうど良い塩加減です。
ちょっと醤油かけて食べたいかも。
casa senzo_10


エビのバーガー
レストランでハンバーガーってどうよ・・・と思いきや。
casa senzo_11

はみ出るほどのエビが。プリっプリ。
casa senzo_12


さすがにワチナンゴとエビバーガーは完食できず、お持ち帰りにしてもらいました。
どんなお店でも食べ残しをお持ち帰りできるのがいいよね。
だから調子にのって頼み過ぎてしまうのですが。


デザートはコーヒーのムース。(だったかな?)
カスタードが効いていて美味しかった。
casa senzo_13
食事は残してもデザートは食べるのね。


素敵なお庭を眺めながら、ゆっくりお食事。
こんどは夜飲みに来たいと思います。
casa senzo_14


ただ満腹になるだけのB級メキシカンも良いけれど、たまのプチ贅沢は心を豊かにしてくれます。

メキシコシティではないので住所は記載しませんがトルーカ近辺にお住まいの方は是非!
もとカンテ・グリルがあった場所です。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。