グランドキャニオンを後にし、一路モニュメントバレーへ。

グランドキャニオン、モニュメントバレーは17年前にアメリカ横断貧乏旅行で訪れた、とても思い出深い場所。
特にモニュメントバレーを訪れた時の感動は今でもハッキリと覚えています。
また行ってみたいとずっと思っていて、この度旦那さまのおかげでまた来ることができました。
ありがとーーー!

モニュメントバレーに近づくにつれ、赤土の岩山が見えてきます。
monument valley_01


モニュメントバレーまであと4マイル。
monument valley_1


やって来ましたモニュメントバレー!
monument valley_2
                         ↑手前に写っているちっちゃいのは車。

モニュメントバレーはアメリカのユタ州とアリゾナ州に広がる地域一帯で、何千年もの時間をかけて大地の浸食によってこのような地形が作られたそうです。
この風景は映画やCMなどで誰もが見たことがあるはず。


今回泊まったモニュメントバレーのど真ん中にある「The View Hotel」
the view hotel_01


お部屋からの景色。なんて贅沢~(涙)
the view hotel_2

ホテルにチェックインした後、ナバホ族のガイドさんと一緒にツアーに出かけました。
モニュメントバレーの中はネイティブアメリカンであるナバホ族の聖地とされているため、一般の人だけで入ることはできません。
てか、舗装道路も標識も全くない赤土の悪路がひたすら続くので一般車は絶対にムリ。

ジョン・フォード・ポイント
monument valley_003
映画監督ジョン・フォードが「駅馬車」など多くの西部劇の撮影を行った場所。


monument valley_5


monument valley_06


モニュメントバレーの夜明け。
monument valley_7


ご来光。
monument valley_8


モニュメントバレーを見ながら朝ごはんをいただきました。
the view hotel_3

あーありがたやー。

このあとは、アンテロープキャニオン!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。