この時期にカンクンに来る理由のひとつ。
それは活きたランゴスタ(ロブスター)が食べられるから。
(なんか前にも書いた気がするけど、ま、いっか)
ランゴスタ漁が解禁となるのは7月~2月。
この半年の間だけフレッシュなランゴスタが頂けるのです。

初日に花いちさんで食事をしたときに「ランゴスタ御膳」を予約しておきました。
ランゴスタ漁はその日の海の状態で変わるので予約が必要です。

まずはSOLで乾杯したあと、早速、続々と登場です。

ランゴスタのお刺身
rangosta gozen_1

ランゴスタの炙りのにぎり
rangosta gozen_2

ランゴスタの酢の物
rangosta gozen_3

ランゴスタの鉄板焼き
rangosta gozen_4

〆にお刺身のお頭を味噌汁にしてくれます。
rangosta gozen_5

ランゴスタのお刺身はなめらかで甘みがあり、炙りは弾力があって、鉄板焼きはプリプリ。
お味噌汁はランゴスタの出汁がしっかり出ていて、とにかくうまい!
通常お味噌汁は一杯ですが、プラス60ペソで二杯作ってもらえます。
もちろん二杯頂きました。一杯では喧嘩になりそうなので。

そのほかに頂いたもの。完全に食べ過ぎ。

シラントロ(コリアンダー)の天ぷら。これ、ハマります。
cilantro tempura

瀬戸内サラダ。なぜカンクンで瀬戸内?
setouchi salad

しめ鯖のにぎりとカラコル貝のにぎり。うめ~!
nigiri.jpg

最後の〆に天ぷらうどん。
tempura udon

カンペキ満腹中枢がやられてますね。

ごちそうさんでした。ぷはー。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。