昨年9月にさかのぼります。

なかなか海外で入院するなんてのは貴重な経験です。
増してメキシコでなんてありえない・・・
でも入院しちゃったんです(泣)

しかしながら入院してみると意外と快適。
完全個室で看護師さんはやさしいし、呼んだらすぐ来てくれるし。
ただね、いちばん肝心な言葉がわからん。
なんの点滴を打たれているのか、なにを聞かれているのか????
はじめは恐くてなにを言われても「ノー!」としか言わなかったわ。
でも慣れてくると「今日は寒いね~」なんて、ちょっとした世間話したりしてた。
いまとなっては貴重な思い出です。
でももう二度としたくない経験・・・


病室前の廊下
ここを何往復も歩行練習しました。
Hospital_1.jpg


私が泊まってた病室(トイレ、シャワー付)
日本とちがってテレビは無料。
Hospital_2.jpg


オペの翌日の朝食
「食えるかっ、こんなモン!」
Hospital_3.jpg


そして、お昼
「お願いだから、おかゆ出して~!」
Hospital_4.jpg


健康ってすばらしい!
スポンサーサイト

ドイツへ

復活なのだ

comment iconコメント ( -2 )

はぽねしたさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
まさかまさかのメキシコでの手術・・・恐怖体験でした(汗)
オペ直後のこのボリューミーな食事には参りましたね(;´Д`)
いまはおかげさまで元気になりました。
またこれから「節のきいたブログ」書いていきますので、よろしくお願いします^^。

名前: やや [Edit] 2012-10-25 22:15

ややさん、お久しぶりです。
体調を崩されて入院をされていたんですね。海外の病院だと言葉も習慣も違うから何かと不安ですよね。医療用語とか難しいし・・・。でも今は旅行も出来るくらい復活されたようで本当によかった!またややさん節のきいたブログが読めると思うと楽しみです。あ、でも無理はしないでくださいね^^
それにしてもさすがメキシコ。手術後の翌日にばかデカイ骨付き鶏肉なんて出てきちゃうんですね・・・(汗)。

名前: はぽねした [Edit] 2012-10-25 13:07

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。