最近めっきり寒くなったトルーカです。
とくにトルーカは標高2700mに位置しているのでとても寒い。

そんな寒いトルーカから逃避すべく、11/1~11/5のメキシコ死者の日のお休みに、またカンクンへ行ってきました。

トルーカからカンクンまで飛行機で2時間。
メキシコのLCCボラリスに乗っていきます。
ボラリスは機体も新しいし、座席もレカロの革張りシート。CAさんのユニフォームもかわいくて好き。

チェックインカウンターも死者の日の飾り。
Toluca airport_1

まだ朝早いせいか、フードコートはガラ~ン。
大丈夫か、トルーカ空港?!
Toluca airport_2

コーヒー飲んでドーナツ食べて雑誌見てる間に着いちゃいます。

やっぱりカンクンは暑い!
空気がしっとりしていて気持ちいい~。←常にカラカラに乾燥したとこにいるので。
いつものBEST DAYのシャトルバスでいつものFiesta Americana Coral Beachホテルへ移動です。

ホテルに着いたのは昼12時前。
チェックインの時間は3時ですが、いつもはやく着いてもお部屋の用意ができているのでチェックインできます。
しかし今回はお掃除が終わっていないようでチェックインできず。仕方がないので時間まで近くのスタバで時間を潰すことに。もうやることがなくなったので、ちょっと早いけどホテルへ行こう。
3時前にチェックインを済ませ、お部屋に行くと4階の禁煙フロア。
あれ?喫煙オーシャンフロントの部屋でリクエストしてるんだけどな・・・
さらにベランダからの眺めはオーシャンフロントではなく、オーシャンビュー。
フロントに部屋を変えてもらうように電話したら「今日は団体が入っているので8階の喫煙ルームは掃除が終わるまであと3時間はかかります」と。マジか・・・まぁここは言い訳の国メヒコですから。
とりあえず初日はここに泊まり、明日部屋を移動することになりました。
話がついたので、さっと着替えてプールへGO!

11月はプールもビーチも空いていていいかんじ。
cancun131101_1.jpg
癒されるわ~。
cancun131101_2.jpg

日も傾いて少し肌寒くなってきたので今日はこの辺で撤収。
お腹も空いたので早めの夕食を食べに、これまたいつもの「花いち」さんへ。

まずはSOLのチェラダ(ライム、塩付)でSalud!
hanaichi131101_4.jpg

カラコル貝の刺身
hanaichi131101_01.jpg

なんとかサラダ
hanaichi131101_2.jpg

鉄板のとりから
hanaichi131101_3.jpg

旦那さまは刺身定食
hanaichi131101_5.jpg

私は天ぷら定食
hanaichi131101_6.jpg
天ぷらの盛り良すぎ!

おなかいっぱい~。
ホテル帰って「ごちそうさん」見て寝よ。

カンクン2日目へ続く。

お久しぶりの更新です。
ここ一ヶ月ほどなんだか体調が優れず、な~んにもやる気が起きませんでした。
が、ようやく元気になりました。

元気になったので、先週末またカンクンへ行って参りました。
カンクンは癒しの場であり、元気をくれる場所

いや~いつ来てもここは天国ですな~!
cancun4_01.jpg

またまた今回もFiesta Americana Coral Beachさんにお世話になりました。
↓これ、砂でできてます。
cancun4_03.jpg


今回は初のカンクンダイビングに挑戦です。
実は私、ダイビングのライセンスを持っていますが潜るのは5年ぶり。
旦那さまは人生初のダイビング。←やる気マンマン!

カンクンのダイビングショップQueen Angelさんにお世話になりました。
こちらは日本人のインストラクターさんが完全同行して下さるのでとても安心。

欲張りな私たちは、午前はジャングルツアーとシュノーケリング、午後はダイビング。
と一日楽しめるマリンパックをお願いしました。


自分(旦那)でモーターボートを運転をして、マングローブの林をビュンビュン走ります。
boat.jpg

ジャングルを抜けるとボートは外海へ。
ひぇ~ボートがガンガン跳ねるぜ~
boat_2.jpg


ポイントに着いたら、シュノーケリング。
お魚いっぱいいました~。
snorkelling.jpg


午後は待望のダイビングです。
ビーチのダイビングショップで説明を聞いて、浅瀬で少し練習。ふたりとも余裕~。

桟橋からボートに乗って、ポイントまでわずか5分。
波は穏やかで海もきれいです。


イエローテイルスナッパーがずっと一緒に泳いでくれました。
diving_001.jpg


水族館みたい。
diving_002.jpg


エイかな・・・?
diving_005.jpg

子ウミガメが水草を食べに来ていました。

ウミガメも手を振って歓迎してくれてます。
diving_003.jpg


水草いっぱい食べて大きくなれよ~。
diving_004.jpg


はぁ~久しぶりのダイビング楽しかったわ~!
旦那さまもライセンス取る気マンマンです。


今回もカンクンの海に癒され、元気をもらいました。
cancun4_02.jpg

また、来るね。

先週末、カンクンへ行ってきました。
もう完全にカンクン中毒(なんか怪しい響きだな)です。
メキシコに赴任したばかりの頃、初めてカンクンを訪れて以来、完ぺきカンクンマジックにかかり、今回で3回目。

今回はビーチでのんびり+アクティビティでカンクンを満喫してきました。


今回もFIESTA AMERICANAさんにお世話になりました。
こちらのホスピタリティは素晴らしいですね!
cancun_1.jpg


cancun_10.jpg




まだハイシーズンに入っていないので観光客もまばら。
いいかんじでのんびり過ごせました。
波の音が心地よい。
cancun_3.jpg



カンクンのピニャコラーダは、なぜこんなに美味しいのだろうか。
cancun_02.jpg



パラセーリングに挑戦!
高っけ~(゚◇゚ )
parasail.jpg



カンクンをふたり占め(な気分)
cancun_4.jpg



Isra Mujeres(イスラ・ムヘーレス)でシュノーケリングにも挑戦。


MUSE(水中美術館)
これはイギリスの彫刻家ジェイソン・デクレアズ・テイラーさんの作品を海底に沈めた、世界に類を見ない水中の美術館。2010年に始まった珊瑚の増殖も目的にした一大プロジェクトだそうです。
cancun_5.jpg



珊瑚が美しい海です。
cancun_7.jpg


風が強いせいか意外と透明度が低かった。
けど、きれいなお魚さんたちとも遭遇。
cancun_6.jpg
次は是非ダイビングで来ようと思います。



また来るね、カンクン。
cancun_8.jpg

完全にタイミング外してます。

今さらですが・・・
メキシコの「死者の日」とは日本でいうお盆のこと。
「死者の日」と聞くとちょっと怖いイメージを持ってしまいがちですが、ここはメキシコ。人の死を暗く捉えず、明るくお祭りにしちゃおう!というもの。
オフレンダという祭壇にマリーゴルドの花や食物、故人の好きだったものを飾り、11月1日は子ども、2日は大人の魂をお迎えし、皆でお祝いして故人への思いを馳せるのだそうです。

その「死者の日」に行ったグアナファト旅行
町はとっても華やかでした。


グアナファトのファレス通りいっぱいに作られた「ガイコツストリート(?)」
これすべて、花びらやおが屑、お米などを使って作られています。
メキシコ人の芸術性、器用さを感じますね。
muerto_pinta.jpg


                  
華やかに飾られたオフレンダ(祭壇)
ofrenda.jpg



公園に顔が・・・
リアル過ぎてコワイです。
caras.jpg



町で見かけたおしゃれ仮装さんたち。
test_1.jpg


パパはバットマン、ママはキャットウーマン。カッコよすぎ!
batman.jpg


ハニカムちびちゃん。かわいすぎ!
muerto_nina.jpg


メキシコの芸術、文化に触れることができた今回の旅。
とても豊かな気持ちにさせていただきました。
ムチャス・グラシアス グアナファト!!

11月1日から3日の死者の日のお休みにグアナファトへ行ってきました。
グアナファトへはトルーカから約5時間の道のり。久しぶりのドライブ旅行です。
安全祈願を込めたおにぎり持って、さぁ出発だぁ~!


グアナファトの町に近ずくとガイドのお兄ちゃんたちが声をかけてきます。
グアナファトセントロの道は非常にわかり難いので、ガイドに案内してもらった方が良いと聞いていたので、セントロ手前でガイドのお兄ちゃんを車に乗せてホテルまで案内してもらいました。

セントロに入ったら、入り組んだ細い路地とトンネル。
グアナファトはかつて銀の産出が盛んでした。その銀の採掘の名残でしょうか、町のそこかしこにトンネルがあります。地元ィはそのトンネルにスイスイと入って行きますが、我々おのぼりさんにとっては迷宮のアンドローラ(なつかし)です。でもうちらにはガイドさんが付いてるので、その迷宮トンネルを抜けてホテルに着くことができました。
グアナファトへ行かれる際は、ガイドさんの案内をお勧めします。50ペソ(相場)で親切にホテルまで案内してくれます。くれぐれもよく人を見て、値段を聞いてから車に乗せましょう。

前置きが長くなりました。
さて観光と行きましょう。


まずはグアナファトのシンボル的な存在 「グアナファト大学」
石段には死者の日の飾り付けがされていました。
中央のガイコツさん、わかります?
universidad.jpg


ここも有名な 「口づけの小道」
仲の悪い隣同士の家の息子と娘が恋に落ち、夜ごと二階の窓から身を乗り出し口づけを交わしていたそうな。ロマンチックですね~。
beso.jpg



町の中心にある 「ラ・ウニオン公園」
ここはおしゃれなホテルやレストランが軒を連ね、至る所でマリアッチの演奏が聞こえて一日中賑わっています。この日はステージでオーケストラの演奏も行われました。
parque.jpg



ラ・ウニオン公園のすぐ前にある 「ファレス劇場」
1903年に完成したこの劇場では今でもクラシック、オペラ、演劇などが上演されています。
         teatro.jpg



ラ・ウニオン公園から少し歩いたところにある 「ラパス広場」
ここにもカフェが軒を連ね、広場の緑を眺めながらゆっくりお茶する人たちでいっぱいです。
lapas_05.jpg
         lapas_04.jpg




「ピピラの丘」からの移りゆくグアナファトの街並み
vista_tardes_1.jpg




vista_tardes_02.jpg
                    黄昏時のグアナファト




vista_noches_01.jpg
                  カンテラの灯りがやさしい夜の町




callejon_3.jpg



グアナファトはこぢんまりした町なので、ゆっくり観光できます。
ここは町全体が世界文化遺産に登録されているだけあって、石畳の細い路地を抜けると素敵な景色に出会えます。
また訪れたい美しい町です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。